現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

三国リニューアルの現場ブログ 記事一覧

大規模修繕工事のお客様失敗談【工事仕様に関する失敗】

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻       今回はお客様から伺った大規模修繕工事での失敗談をご紹介します😲 以下お客様のお話です!👇 : : 築10年を迎えた初めての大規模修繕工事で、総戸数は約160戸、10階建てマンションで起きたトラブルです。 工事による不具合が発覚したのは、工事終了から3年が経ってからのことでした。 ベランダに設置されているアルミの手摺りの支柱の付け根部分に、シーリング材の膨れと変色が見られたのです。 施工時点からはかなり時間が経っていたこともあり、 この手摺りの支柱に充填されたシーリングの材料が何なのかがわかりませんでした。 見積書などを見ても、材質名やどこのメーカーのものかも分からず、監理組合も打つ手がない状態でした。 本来、施工会社との保証やアフターサポート、メンテナンス契約などがしっかりしていればよかったのでしょうが、 工事完了から3年経ってトラブルが起きてようやく、施工で使用した材料をちゃんと確認、把握できていない状況に気づいたのです。   今回は、施工をした会社が補修部材の相性チェックを実施せず、そのまま充填してしまった、部材及び工法の選定ミスが 直接的な原因だった思いますが、 頼む側も会社に任せきりにならずに、詳細までしっかり確認して、保証やアフターフォローを受けられるように しておかなければならないと実感しました。 : : マンションの大規模修繕工事は、それぞれの建物によって劣化状況も異なり、状況に合った工事仕様を決めて、 その内容を施工する必要があります。 詳細までわかりやすい見積もりや説明をしてくれるのは、下請けがメインの施工会社より、 元請けとしてマンション大規模修繕工事に対応している会社の方が多いため、おすすめです 現地調査から始まり修繕計画の立案、施工、引渡後のメンテナンスまで元請けの施工会社がトータル対応して、 管理組合とも直接やりとりできる取引なら、事後のトラブル時もちゃんとしたサポートが期待できるでしょう。   三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年7月10日 更新
お客様失敗談業者選び

アパート外壁からの雨漏りの原因について

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻       アパートの経営において、資産価値を守ることは極めて重要です。 その中で、雨漏りは避けて通れない劣化の1つであり、特に外壁からの雨漏りは屋根からのものと比べて 気づきにくいことがあります。 今回のブログでは、【外壁からの雨漏り】について解説していきます📝 【目次】 ☔アパートの外壁からの雨漏りとは 〇外壁から雨漏りが起こる原因 〇外壁からの雨漏りの発見が難しい理由 ☔アパート外壁からの雨漏りの原因と修繕方法 〇屋上からの雨漏り 〇外壁のひび割れや内部の損傷 〇目地のシーリング劣化 〇上階のベランダの劣化や損傷 ☔雨漏りを防ぐための定期的な点検と対策 〇定期点検の重要性 〇大規模修繕店に相談するメリット       ☔アパートの外壁からの雨漏りとは 〇外壁から雨漏りが起こる原因 外壁からの雨漏りは、建物の構造上の問題、外壁材の損傷、施工時の不備、または長期間の使用による劣化が 主な原因として考えられます。 具体的に、屋上の防水層からの雨漏り、外壁のひび割れや内部の損傷、目地のシーリング材の劣化、 上階のベランダの劣化や損傷などが挙げられます。   〇外壁からの雨漏りの発見が難しい理由 外壁からの雨漏りの発見が難しい理由は、その進行が徐々に起こり、内部に損傷を与えるまで明らかな兆候が 見られないことが多いからです。 屋根からの雨漏りと異なり、直接的な水たまりや滴る水として現れることが少なく、内壁の湿気、カビの発生、 塗装の剥がれやふくれといった間接的なサインが現れて初めて気づきます。 また、雨漏りが発生する箇所が見えにくい場合や、建物の構造的な特徴により水が内部を移動して遠く離れた場所で問題を 引き起こしている場合では、原因を特定することが一層難しくなります。     ☔アパート外壁からの雨漏りの原因と修繕方法 〇屋上からの雨漏り 〘原因〙 主に屋根の劣化や損傷、防水層の破損や経年劣化によって引き起こされます。 建物の屋根や屋上は直射日光や雨水、温度変化といった外部環境の影響を直接受けやすく、 屋根材に亀裂が生じることや、防水層の接合部が劣化することで、防水機能が低下してしまいます。 この結果、雨水が屋上から建物内部に侵入し、外壁を伝って内部へと漏水することになります。 〘修繕方法〙 屋根や防水層の補修⇨特定の亀裂や穴を埋めるために防水材を充填し、防水層を補修。 防水層の全面的な張り替え⇨既存の防水層を剥がし取り除き、新しい防水層を施工。 排水システムの改善⇨排水システムの見直しや改善。   〇外壁のひび割れや内部の損傷 〘原因〙 建物の構造的な問題、材料の劣化、施工時の不備など、多岐にわたる原因により発生します。 温度変化による材料の収縮や膨張、建物の沈下、衝撃などがひび割れの直接的な原因となります。 これらのひび割れや損傷から雨水が侵入し、外壁内部を伝って内部へと漏水します。 〘修繕方法〙 ひび割れ部分の補修⇨専用の充填材やシーリング剤を使用して補修。 外壁材の交換⇨損傷している外壁材を取り除き、新しいものに交換。 構造的な問題の解決⇨そ専門家による詳細な診断と、適切な補強工事。   〇目地のシーリング劣化 〘原因〙 紫外線や温度変化、外壁の微小な動きによる物理的ストレスなどが挙げられます。 劣化したシーリングは、ひび割れや剥がれ、硬化などの形で現れ、これが外壁からの雨漏りへと繋がります。 〘修繕方法〙 ①既存のシーリング材の除去:まず、劣化したシーリング材を完全に取り除く。 ②目地の清掃と下処理:シーリング材を除去した後、目地を清掃し、新しいシーリング材がしっかりと密着するように下処理を行う。 ③新しいシーリング材の充填:適切な種類の新しいシーリング材を選択し、目地に均一に充填する。   〇上階のベランダの劣化や損傷 〘原因〙 防水処理の不備や経年劣化により、ベランダの床や壁の防水層が損傷すると、そこから水が侵入し、 下の階に雨漏りとして現れることがあります。 また、排水溝の詰まりや水捌けの悪化も、ベランダからの雨水の侵入を引き起こす一因となります。 〘修繕方法〙 防水層の補修または再施工⇨補修作業、防水層の完全な再施工が必要。 排水溝の清掃と改善⇨排水溝の詰まりを解消、排水システムの改善や再設計。 定期的なメンテナンス⇨防水処理の状態を定期的にチェック。     ☔雨漏りを防ぐための定期的な点検と対策   〇定期点検の重要性 建物の長期的な健全性と安全性を維持するためには、定期点検が不可欠です。 特に、外壁や屋上などの雨漏りが発生しやすい箇所の定期点検は、早期発見・早期修繕に繋がり、 大きな損害を防ぐための重要な手段となります。 ▶早期発見:定期点検を行うことで、雨漏りの初期段階や、それを引き起こす可能性のある問題を早期に発見することができます。       より小規模な修繕で問題を解決し、コストを抑えることが可能になります。 ▶予防:定期点検は、問題が発生する前の予防措置としても機能します。     点検によって、劣化や損傷の兆候を早期に捉え、適切なメンテナンスを施すことで、雨漏りが発生するリスクを低減できます。 ▶資産価値の維持:建物の健全性を維持することは、資産価値を守ることにも直結します。          定期的な点検とメンテナンスにより、建物は長期間にわたってその機能と価値を維持することができます。   〇大規模修繕店に相談するメリット 問題が見つかった場合、なぜ専門の大規模修繕店に相談することが有効なのか、そのメリットについて紹介します👇 ❶専門知識と経験:大規模修繕を専門に行う業者は、建物の構造から材料の特性、最新の修繕技術に至るまで、          専門的な知識と豊富な経験があります。          これにより、問題の正確な診断と効果的な修繕計画の提案が可能となります。 ❷総合的な対策:雨漏りの問題は、単一の原因によるものではない場合が多く、建物全体の把握が必要になることがあります。         大規模修繕店に相談することで、建物全体を総合的に評価し、根本的な解決策を提案してもらえます。 ❸コストパフォーマンス:大規模修繕店は、修繕に必要な材料の仕入れから施工までを全て担うことが多いため、             コストパフォーマンスに優れた修繕が期待できます。また、長期的な視点でのメンテナンスプランを             提案してもらえることもあり、 結果として全体の修繕コストの削減に繋がります。 ❹アフターサポート:修繕工事後のアフターサポートも、大規模修繕店の大きなメリットです。           工事完了後の定期的なメンテナンスや、万が一の問題発生時の迅速な対応が期待できるため、           安心して修繕を任せることができます。       三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年6月30日 更新
劣化症状大規模修繕の豆知識

アパートの外壁に浮きを発見!その原因や対処法とは…?

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻       アパートを所有するオーナーの皆様にとって、建物の維持・管理は重要な業務になります。 特に外壁塗装は、アパートの美観を保つだけでなく、建物そのものを守る上でも欠かせない取り組みです。 しかし、外壁塗装が「浮いてしまう」という問題が生じることがあります。 この症状は、見た目の問題だけでなく、建物自体の耐久性にも影響を及ぼすリスクがあります。 今回のブログでは、アパートの外壁塗装が浮いてしまう原因をご紹介し、対処法や補修方法についてご紹介します📝       【目次】 1.アパートの外壁塗装の浮きとは? 〇外壁塗装の浮きとは? 〇アパートの外壁塗装の浮きを放置した場合のリスク 2.アパートの外壁塗装が浮いてしまう原因 〇経年による劣化が生じている 〇下地処理が不十分だった 〇乾燥時間が不足している 〇アパートの外壁塗装の対処法とは? 〇外壁塗装の浮きの補修方法 〇実績のある専門業者に依頼する         1.アパートの外壁塗装の浮きとは? 〇外壁塗装の浮きとは? アパートの外壁塗装の【浮き】とは、塗装された表面が膨らんだり、剥がれたりする現象のことを指します。 この浮きは、外壁の塗装が本来の目的である外壁の保護を十分に果たせなくなった状態を示しており、 建物の外観や構造の耐久性に影響を及ぼすリスクがあります。 建物の美観が損なわれ、建物自体の印象が低下するのはもちろんのこと、塗装がその機能を果たせなくなり、 外壁のさらなる劣化を招いてしまいます。   〇アパートの外壁塗装の浮きを放置した場合のリスク ・水分や湿気が外壁の内部に浸透しやすくなる   ⇨雨漏りや腐食、カビの発生、断熱性の低下 ・アパートの外観を損なう   ⇨入居率の低下、退居率の増加 ・劣化の進行   ⇨修繕費用の増大     2.アパートの外壁塗装が浮いてしまう原因 〇経年による劣化が生じている 直射日光による紫外線、雨水、風、温度変化などの環境要因は、 塗装表面の色褪せ、ひび割れ、剥離などを引き起こす原因となります。 塗料にはそれぞれ異なる耐用年数がありますが、どんなに高品質な塗料であっても、 時間の経過とともにその性能は徐々に低下してしまいます。 経年劣化は避けられませんが、これを理解し、適切なメンテナンスを行うことで、 アパートの外壁塗装の寿命を最大限に延ばすように努めることが大切です。   〇下地処理が不十分だった 外壁塗装において、下地処理の不十分さは、塗装の浮きや剥離の一般的な原因の一つです。 下地処理とは、塗装を行う前の表面準備作業を指し、これが適切に行われないと、塗装の品質に大きく影響を及ぼします。 塗料が外壁にしっかりと密着するために下地処理は必要不可欠であり、古い塗装の除去、ひび割れの補修、 表面の清掃などが適切にできていないと、塗料の密着が不十分になり、浮きや剥離が生じやすくなります。   〇乾燥時間が不足している アパートの外壁塗装でとても大事なのが、塗料の適切な乾燥時間の確保です。 塗装工事において、塗料の乾燥時間は塗膜の品質と耐久性を左右する重要な要素となります。 乾燥時間が不足していると、塗膜の性能が十分に発揮されず、外壁塗装の浮きや剥がれの原因となることがあります。 塗料は塗布後に適切な時間をかけて硬化し、耐久性を持った塗膜を形成するため、 乾燥時間が短すぎると、塗膜が完全に硬化せず、耐候性や耐水性が低下します。     〇アパートの外壁塗装の対処法とは? 〇外壁塗装の浮きの補修方法  ①古い塗膜をはがす:カッターややすりなどで古い塗膜を剥がしていきます。  ②高圧洗浄で汚れを落とす:高圧洗浄機を使って、外壁についた汚れを落としていきます。  ③しっかり乾燥させる:水気が残らないようにしっかり乾燥させます。  ④下塗り塗布:下塗り剤を塗布します。  ⑤中塗り塗布:1回目の上塗り材を塗布します。  ⑥上塗り塗布:2回目の上塗り材を塗布します。   〇実績のある専門業者に依頼する “ちょっとした浮きだから大丈夫だろう”自身でメンテナンスを行うのは、失敗するリスクや、 もっと浮きが広がるリスクが高まるため危険です。 塗装から数年しか経たないうちに発生した症状は、施工不良の可能性が高いため、施工してもらった業者に相談してみてください。 会社によっては、保証内で補修してもらえる場合もあります。 経年劣化を疑う場合は、塗装専門会社にみてもらうのがおすすめです。 経年劣化であれば、再塗装でメンテナンスをおこなうので、塗装に関する専門知識のある会社に依頼してみましょう。       三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年6月20日 更新
劣化症状大規模修繕の豆知識

アパートの外壁塗装では足場によるトラブルに注意!

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻         アパートの外壁塗装は、建物の美観を保ち、資産価値を維持する重要な作業になります。 しかし、この作業工程において、【足場】の設置には注意が必要です。 今回のブログでは、アパートの外壁塗装における足場の役割と、設置に伴うさまざまなトラブルに焦点を当て解説していきます📝       【目次】 ⛅アパートの外壁塗装では足場によるトラブルに注意 〇外壁の塗装期間は足場が設置されたままに 〇足場によって生じるトラブルとは 〇足場によるトラブルの対処法 ⛅アパートの外壁塗装に足場の設置が欠かせない理由 〇塗料の飛散防止 〇施工の品質を保つ 〇職人の安全確保       ⛅アパートの外壁塗装では足場によるトラブルに注意 〇外壁の塗装期間は足場が設置されたままに 外壁塗装の工程では、作業の安全性と効率を高めるために、足場が長期間設置されます。 足場の設置期間は、塗装作業が始まると同時に始まり、作業が完了するまで続きます。 通常、アパートの外壁塗装であれば数週間から1ヶ月、もしくはそれ以上に期間を要します。 足場が設置されている間、アパートにはいくつかのリスクが生じます。   〇足場によって生じるトラブルとは [足場の組み立てによる騒音トラブル] 足場の組み立てや解体作業は、大きな騒音を伴います。 特に朝早くや夕方遅くに作業を行う場合は、周囲の騒音規制に配慮する必要があります。 事前に作業スケジュールを住人に周知し、騒音が発生する時間帯を限定することで、トラブルを最小限に抑えることができます。 [設置後に行われる高圧洗浄による水の飛沫] 高圧洗浄を行う際、周囲に水飛沫を散らすことがあります。 これにより、居住者の洗濯物やベランダの物が濡れてしまう可能性があります。 洗浄作業の日程を事前に通知し、居住者に対策を取るようお願いすることが重要です。 [塗料特有の臭いが立ち込めるが、窓が開けられない] 外壁塗装に使用される塗料は特有の臭いを放ちますが、窓の開閉が制限されるため、塗料の臭いが部屋内にこもりやすくなります。 臭いの問題を事前に業者と相談し、水性や弱溶剤塗料を使用するなどの対策を検討すると良いでしょう。 [洗濯物がベランダや外に干せなくなってしまう] 足場がベランダや窓の外に設置されると、洗濯物を外に干すことができなくなることがあります。 作業期間中の洗濯の代替案を提案するなど、事前の対策が必要です。   〇足場によるトラブルの対処法 [入居者や近隣への事前告知・説明] 外壁塗装工事を行う前には、居住者や近隣住民への事前告知と詳細な説明が不可欠です。 工事の目的、期間、作業時間帯、足場設置に伴う影響などを事前に明確に伝えることで、理解と協力を得やすくなります。 特に騒音や臭い、安全確保のための窓の開閉制限など、居住者の生活に直接影響を与える事項については、 細かく説明することが大切です。 [塗料選び、工事の進め方など塗装業者との相談] 塗装業者との密なコミュニケーションは、トラブルを防ぐ上で非常に重要です。 特に、低臭性の塗料の選定や、作業の進め方についての相談は、住環境への影響を最小限に抑えるために有効です。 また、天候やその他の不測の事態に応じた柔軟な対応策を事前に検討しておくことも、スムーズな工事進行に貢献します。 [塗装工事中にはこまめに訪問するようにする] 工事中は、定期的に現場を訪問し、作業の進行状況や住民からのフィードバックを確認することが望ましいです。 これにより、トラブルが発生した場合に迅速に対応することが可能となります。 また、居住者の不安や疑問を直接聞き取り、適切な対応を行うことで、信頼関係を築くことができます。 [工事完了後の確認と入居者や近隣へのお礼] 工事が完了した後は、足場の撤去と同時に現場の最終確認を行うことが重要です。 また、工事に伴う不便に対して居住者や近隣住民に感謝の意を表すことで、今後の良好な関係を保つことができます。 必要に応じて、工事完了の通知とともにお礼を伝えることが効果的です。     ⛅アパートの外壁塗装に足場の設置が欠かせない理由 〇塗料の飛散防止 外壁塗装を行う際、塗料の飛散は避けなければならない問題です。 特にアパートのような集合住宅では、塗料の飛散が他の一戸建て住宅や近隣に影響を与える可能性があります。 この問題を解決するためには、足場の設置と併せて飛散防止ネットの使用が必須になります。 飛散防止ネットは、塗装作業中に塗料が周囲に広がるのを防ぎます。 足場の周囲に設置され、作業中に発生する塗料の飛散を物理的に遮断する役割があります。 これにより、塗料が隣の建物や通行人、周囲の車両などに付着するのを防ぎます。   〇施工の品質を保つ [安定した作業場所の提供] 足場は、職人が安定した状態で作業できる場所を提供します。 不安定な足場や地面からの作業では、塗装の均一性や仕上がりの品質が落ちる可能性があります。 足場は塗装作業を行うためのしっかりとした平面を提供し、職人が安心して質の高い作業を行うことができます。 [作業効率の向上] 足場は、職人が必要な塗料や道具を手近に置いて作業できるようにします。 これにより、地面に降りて道具や塗料を取りに行く時間が省け、作業効率が大幅に向上します。 効率的な作業は、全体的な塗装の品質を向上させるだけでなく、工期の短縮にもつながります。 職人が心地よく作業できる環境は、注意深く丁寧な塗装作業を促進し、結果として品質の高い仕上がりを実現します。   〇職人の安全確保 [安定した作業プラットフォーム] 足場は、職人が安定して立つことができる作業プラットフォームです。 これにより、高所でのバランスを取りやすくなり、転落のリスクが大幅に減少します。 [移動の容易さと作業効率の向上] 足場は、塗装作業中の職人が必要に応じて簡単に移動できるようにします。 これにより、職人は作業位置を頻繁に変更する必要がなく、不安定な姿勢での作業を避けることができます。 [作業環境の整備] 足場は、塗装道具や材料を整理し、手の届く範囲に置くことを可能にします。 これにより、職人は必要な道具をすぐに手に取ることができ、不必要・不安定な動きを減らすことができます。 整理された作業環境は、職人が作業に集中できるようにし、安全上のミスを減らします。   三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年6月10日 更新
トラブル関係大規模修繕の豆知識

大規模修繕工事での鉄部に関する工事について

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻       マンションの大規模修繕工事の中で鉄部塗装と聞くと、まず頭に浮かぶのが【手すり】ではないでしょうか😊 手すりは日頃触れる箇所なので、仕上げが気になりますよね💦 その仕上げを左右するのが【防錆作業】になります! 今回は塗装工事の【鉄部塗装工事】についてお話します📝         【目次】 👷鉄部塗装工事とは 👷鉄部塗装工事の工程 〇ケレン 〇下塗り 〇中塗り/ 上塗り 👷鉄部塗装工事のチェックポイント 〇ケレンを行っているか 〇下塗り塗料に防錆・防食塗料が使われているか 〇上塗り塗料の耐久年数は大規模修繕工事のサイクルに合っているか 〇塗料の塗布量を守っているか           👷鉄部塗装工事とは 鉄部の塗替えは、一般的に5~6年で実施するのが望ましいと言われています。 しかし最近では材料の耐久性も上がっているため、絶対に5~6年で塗装しなおさなければならないというわけではありません。 重要なのは、耐久期間を目安とするのではなく、使用状況や劣化状態に応じた塗り替えです。 鉄は空気と水に触れると錆が発生します。 この茶色い変色を伴う錆は、外壁の外観を悪くしたり、門扉や雨戸など構造物に発生するとしまりが悪くなったり、不快音を立てるなどの マイナス面が大きくなってしまいます。 錆が出る前に塗り替えを行えば、塗装によって保護されるため、鉄部の寿命は延びていきます。     👷鉄部塗装工事の工程 〇ケレン 錆落としの作業で、塗り直しに欠かせない作業です。 錆を落としきらずに新しい塗材を塗っても意味はありません。 ケレンは鉄部の耐久性や塗りなおした後の仕上がりに関わってきます。   〇下塗り 下塗りは錆止め用の塗料を塗る工程です。 変性エポキシ系プライマーと呼ばれるもので、刷毛やローラーを用いて塗装するのが一般的です。   〇中塗り/ 上塗り 下地を保護する塗料を塗っていきます。 塗料の種類はさまざまですが、耐久性を重視する場合はフッ素系塗料が使われます。 上塗りにも同じ塗料を使っていきます。     👷鉄部塗装工事のチェックポイント 〇ケレンを行っているか 鉄部塗装にケレンは欠かせません。 見積もりの時にケレン作業ありかどうか事前確認し、実績を確認しておくと安心です。   〇下塗り塗料に防錆・防食塗料が使われているか 下塗り剤に錆止め塗料が使われているかチェックしますが、見た目には分からないので、 見積書や置いてある塗料缶に、錆止め塗料に該当するものがあるかチェックします。   〇上塗り塗料の耐久年数は大規模修繕工事のサイクルに合っているか 塗料の耐久年数と大規模修繕工事のサイクル合わせることが重要です。 塗料の耐久年数が5年、大規模修繕工事が10年ごとの場合、大規模修繕工事の前に一度塗り直しを行わなければならなくなってしまいます。 将来の費用負担、工事の手間を考慮し塗料の選択を行ないましょう。   〇塗料の塗布量を守っているか 塗料の塗布量が少なければ、いくら耐久年数が長くてもそこまで持ちません。 塗膜の膜厚をメーカー指定の基準値の通りにしなければ、十分な耐久年数が得られなくなります。 基準塗布量をしっかり守る業者かどうか確認する必要があるでしょう。         三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年5月30日 更新
工事内容大規模修繕の豆知識

大規模修繕工事のお客様失敗談【施工業者選定の失敗】

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻       今回はお客様から伺った大規模修繕工事での失敗談をご紹介します😲 以下お客様のお話です!👇 : : マンションの規模は10階建てで約200戸。 もともと大規模修繕工事の計画自体は設計監理コンサルタント方式で順調に進んでいたそうです。 そうした中、管理組合の修繕委員長のポジションに、ある人物が立候補して選出されたのが問題の始まりでした。 その方は、施工業者の選定も間近となったタイミングで、それまで修繕計画を一緒に進めていたコンサルタント会社を 予告もなく解約したのです。 唐突な行動はさらに進み、その方が推薦する施行会社に工事を依頼することが決まってしまいました。 工事管理会社も同じくその方による推薦業者だったとのことです。 大規模修繕工事自体は完了したものの、その1年後にトラブルが発生しました。 工事契約にはアフターフォローとして点検や手直しへの対応が含まれてたにも関わらず、 施工会社が1年目の定期点検に対応しませんと言い出したのです。 工事管理会社にも連絡をとったところ、こちらも同じく対応を断られました。 管理組合が不審に思い、工事管理会社を調査したところ、建築事務所でも建築士でもない一般企業と判明しました。 修繕委員長を務めた方に説明を求めようとしたタイミングでは時既に遅しで、その方は修繕工事が終わった直後、 目立たないように引っ越しをしていたことが発覚しました。   トラブルの対処に動いたのは代替わりしていた管理組合で、修繕委員長が勝手に解約した、 かつてのコンサルタント会社に改めて相談をしました。 すると、コンサルタント会社は修繕委員長と施工会社の関係を知り、当時の修繕委員会には意見していたにも関わらず、 修繕委員長の強硬さに押されて、管理組合も追認しただけだったそうです。 その後、コンサルタント会社に弁護士を加えたチーム体制で調停に持ち込み、ごねにごねた末、 施工会社は定期点検に対応してくれました。 ですが、既に工事完了から5年以上を過ぎていました。 : : このケースは発注側と受注側の癒着に起因するトラブルですが、複数業者に相見積もりを依頼しても談合され悪徳業者に騙されるなど、 表立った資料や情報などからはわかりにくい問題もあります。 解決策としては、信頼できるコンサルタント会社の意見はちゃんと聞いて、なおかつ管理組合やマンション住民全体で情報共有して チェックできる仕組みや体制づくりをしていくとよいでしょう。       三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年5月20日 更新
お客様失敗談業者選び

アパートの外壁の色を決めるときに注意すべきこと

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻         アパートの印象は、外壁の色によって全く異なるものになります🌈 そしてそのアパートの印象は、入居率にも大きく関わってきます👍 人気のある色や選ぶ際の注意点を把握していると、アパートの入居率向上にもつながってきます! 今回は、アパートの外壁に人気の色や、外壁色を選ぶ際の注意点についてご紹介していきます📝     【目次】 🔵アパートの外壁に人気が高い色4選 〇ベージュ系 〇グレー系 〇ブラウン系 〇ホワイト系 🔵目的別のおすすめアパート外壁色 〇汚れが目立ちにくい仕上がりにしたい場合 〇高級感がある外観にしたい場合 🔵アパートの外壁は2色選ぶとよりおしゃれに 〇1階と2階で色を変える 〇縦にアクセントの色を入れる 🔵アパートの外壁色選びの失敗例 〇Aさん体験談:塗装後の仕上がりがイメージと違った 〇Bさん体験談:汚れが目立ってしまう色だった 〇Cさん体験談:周辺住宅から浮いてしまった 🔵アパートの外壁色を決める際の注意点 〇アパートのニーズに合わせた色を選ぶ 〇使用する色の数は3つまでに抑える 〇カラーサンプルで外壁のシミュレーションをする 〇太陽光の下で色を確認する 〇地域の景観ガイドラインを確認する       🔵アパートの外壁に人気が高い色4選 〇ベージュ系 外壁に選ぶと、柔らかい印象を与えるベージュ系が人気の色となっています。 外壁に使用されるベージュ系の色は、ホワイトに近い薄い色やブラウンに近い濃い色、 ピンクやオレンジの色味があるものまで幅広く存在しています。 ベージュ系は、いずれも温かみがあるため、ファミリー層を迎え入れる際にも好印象になってくれます。   〇グレー系 年齢や性別問わず人気の色として挙げられるものがグレー系になります。 外壁に使用すると、シックで落ち着いた雰囲気に仕上がるため、女性だけでなく男性の入居者にも喜ばれています。 同じグレー系であっても、濃淡が異なることで全く違う雰囲気のアパートに仕上げることができます。 また、グレー系の外壁は汚れが目立ちにくいため、美観性の維持が高い色とも言われています。   〇ブラウン系 落ち着いた雰囲気や高級感のある雰囲気に仕上がるブラウン系は、アパートの人気が高い外壁色となっています。 ブラウンという色は、木や土といった自然を思わせる色となっており、緑の多い地方によく馴染んでくれます。 また、ブラウン系も色の濃淡が異なることで、全く違う雰囲気のアパートに仕上げることができる色です。 濃いブラウンの外壁に仕上げると、モダン系な高級感のあるアパート、薄いブラウンの外壁に仕上げると、 より周囲の自然と合う温かみのあるアパートを演出してくれます。   〇ホワイト系 シンプルで清潔感のあるホワイト系もアパートの外壁色として人気が高い色となっています。 ホワイトはシンプルな色であるため、和風・洋風問わず、あらゆる内装のアパートにマッチしてくれます。 また、ホワイトは膨張色であるため、外壁に使用すると建物を大きく見せたり、開放感のあるアパートに仕上げることができます。     🔵目的別のおすすめアパート外壁色 〇汚れが目立ちにくい仕上がりにしたい場合 👇汚れが目立ちにくい色 ✓グレー系  ✓ベージュ・クリーム・アイボリー系  ✓ブラウン系  ✓グリーン系 👇汚れが目立ちやすい色 ✓ホワイト系  ✓ブラック系  ✓原色系(レッド・ブルー・イエロー)   〇高級感がある外観にしたい場合 ✓ブラック系  ✓ブラウン系   🔵アパートの外壁は2色選ぶとよりおしゃれに 〇1階と2階で色を変える アパートの1階と2階の外壁を別の色を選択することで、印象を変えることができます。 この場合、2階の外壁を薄めの色を選ぶことで、アパートが大きく見えるという視覚効果があります。 1階の外壁が濃い色となるため、重厚感や高級感の印象を与えます。 1階と2階で同系色を使用すると、まとまりがでて見栄えがよくなります。   〇縦にアクセントの色を入れる アパートの外壁を縦にアクセント色を入れることで、よりおしゃれな雰囲気に仕上げることができます。 この場合は、アパートの中心にある内階段やエントランス部分の外壁を別の色で塗装します。 アクセントとして中心を目立たせるためには、同系色よりもバランスのいい異なる色味を使用することがおすすめです。 外壁を異なる色で挟む形になり、おしゃれな印象を与えることができるでしょう。     🔵アパートの外壁色選びの失敗例 〇Aさん体験談:塗装後の仕上がりがイメージと違った アパートの外壁塗装が終わった後の仕上がりがイメージしていた色と違っていました。 暗いグリーン系の色を選んだつもりが、緑の色味が強すぎて、都会の雰囲気に馴染めていない様子になってしまいました。 : 色には【面積効果】があり、同じ色でも面積が変化すると見え方やイメージが異なってきます。  色を選ぶ作業の段階で、小さい見本だけで比較しているとこのような失敗を招いてしまうリスクがあります。  色の面積効果を充分に理解し、施工に入る前に慎重に見本を参考にすることで回避していきましょう。   〇Bさん体験談:汚れが目立ってしまう色だった 元々、黄色味が強い外壁で、黒く雨筋汚れなどの汚れが付いてました。 なので、黒い汚れが目立たないようにブラック系の色で外壁塗装をお願いしましたが、 次は色褪せも目立つし、コケで緑色、砂ぼこりで白く汚れが目立つようになりました。 : 外壁は、常に雨水や紫外線などの影響を受けるため、汚れが付着します。  黒っぽい色であれば汚れが目立たないだろうと思っていても、実際は白っぽい汚れが目立ったりしてしまいます。  外壁の汚れが目立ちやすい色と目立ちにくい色を理解し、色選びを行うようにしましょう。    〇Cさん体験談:周辺住宅から浮いてしまった 自分の好みでピンク系の色を選んでしまったのが間違いでした。 元々、グレー系の色でしたが、シックな感じではなく明るくポップな雰囲気にしたかったんですが、 周辺はホワイト系の外壁や古民家が多いため、アパートが浮いたようになり、 さらには男性の住民が2名退居することになってしまいました。 : 外壁塗装後に後悔することとして、周辺住宅から浮いたデザインになってしまったということも挙げられます。  周辺と馴染む色やデザインに決めることも外壁塗装のポイントの一つです。  なかには、景観ガイドラインが定められている地域もあるため、使用できない色もあるかもしれません。  好きな色を使用したいという気持ちも理解できますが、地域のルールや周辺住宅の色・デザインを意識することも大切です。   🔵アパートの外壁色を決める際の注意点 〇アパートのニーズに合わせた色を選ぶ アパートの外壁色を決める際には、ターゲット層のニーズに合わせた色を選ぶようにしましょう。 第一印象はアパートの入居率を左右するため、オーナーの好みよりもターゲットに合った色を選ぶことが大事です。 アパートは、その土地によってファミリーや学入居者の男女比や年齢層によってもニーズが異なるため、 外壁の色選びはこのことを重視しなければなりません。   〇使用する色の数は3つまでに抑える アパートの外壁色を選ぶにあたって、使用する色の数は3色までとすることがポイントになります。  3色以上になってしまうと、バランスが悪いデザインに見えてしまい失敗してしまう可能性が高いです。  また、配色のバランスも 3色使用したい場合は、ベースカラーが約70%、アソートカラーが約25%、 アクセントカラーが約5%の割合で構成しましょう。  ツートーンカラーで仕上げたい場合は、7:3もしくは6:4が理想です。   〇カラーサンプルで外壁のシミュレーションをする アパートの外壁色を選ぶ際には、色見本帳や色サンプル、カラーシミュレーションなどを使用しましょう。 色のイメージは個人によって異なり、業者の保有する塗料の色と違う可能性もあります。 外壁塗装後にイメージと違ったということを避けるために、あらゆるサンプルを確認しておくことは大事です。   〇太陽光の下で色を確認する 色は、面積効果だけでなく光の種類や当たり方によっても見え方が大きく異なります。 外壁は太陽光に当たっているため、蛍光灯の下だけではなく天候や時間を変えて太陽光の下で色を確認するようにしましょう。    〇地域の景観ガイドラインを確認する アパートの外壁色を選ぶ際には、地域の景観ガイドラインを確認しましょう。 地域の景観を損なわないように【景観ガイドライン】が定められています。 該当する地域で外壁塗装をおこなう際には、これに沿った色を選ぶ必要があります。     三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年5月10日 更新
大規模修繕の豆知識

大規模修繕で高品質・低コストの施工会社を探す9つの方法

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻     大規模修繕はマンションの耐久性の向上を図る上で欠かせない工事ではありますが、膨大なコストがかかります。 そこで、高品質かつ低コストの施工会社を見つけることが重要になってきます。 大規模修繕において施工会社選びは、マンションの安全と快適な生活を保障する上で重要なステップとなります。 今回のブログでは、【大規模修繕の施工業者を選ぶ際に参考にできる9つの方法】を紹介します📝     【目次】 🔴マンションを建築した施工会社だけではなく選択肢はさまざま 🔴施工会社の施工実績を確認する 🔴施工会社の提供するショールームに訪れてみる 🔴プレゼンテーションでアピールポイントを比較する 🔴施工会社の担当者の人柄や能力を観察する 🔴施工後の保証・アフターサービスを確認する 🔴公平かつ透明な施工業者選定を心がける 🔴地元に密着して営業活動している 🔴施工会社に国家資格など資格保有者が多数在籍している         🔴マンションを建築した施工会社だけではなく選択肢はさまざま 現状としてマンションの大規模修繕の際には、建築した施工会社にそのまま依頼するケースが多く見られます。 しかし、それだけが選択肢ではなく、大規模修繕を専門とする会社も多数存在しています。 複数の施工会社から見積もりを取得することで、工事内容や金額を比較検討でき、最適な業者を選ぶことができます。     🔴施工会社の施工実績を確認する 施工実績を確認することで、その会社がどのようなマンションの大規模修繕を請け負ってきたのか、 またどのような品質の工事を行ってきたのかが分かります。 大手やマンションを建築した施工会社の場合、輝かしい実績を持っていることが多いですが、 実際の工事は下請けが施工することが多く、中間マージンによって費用が高くなる傾向があります。 地元に根付いて営業活動を行う施工会社の場合、地元の施工会社が地域社会とのつながりを大切にし、 その評判を守るために質の高いサービスを提供しているため自社で施工することが多く、 高い品質で工事を行うことができるケースが多い印象があります。     🔴施工会社の提供するショールームに訪れてみる ショールームは施工会社の【顏】とも言える場所であり、その会社の技術力や品質、対応力を直接確認できる貴重な場所です。 地元で営業活動を行っている施工会社であれば、大規模修繕のショールームを提供している会社も多くあります。 ショールームには、施工会社がこれまでに行った工事の実績や、使用する材料のサンプルなどが展示されているため、 どのような工事が可能なのか、どのように工事が行われるのかを具体的に知ることができます。 また、ショールームは、ただ情報を得るだけでなく、自身の悩みや不安を相談できる場でもあります。 施工会社の専門家がいるため、具体的な相談が可能であり、それによって安心感を得ることができます。     🔴プレゼンテーションでアピールポイントを比較する 施工会社に理事会や修繕委員会に出席してもらい、プレゼンテーションを行ってもらうことで、 各社のアピールポイントや社風を比較検討することができます。 どのような技術やサービスを提供しているのか、どのような価値観を持っているのか、施工会社の社風や対応力などを理解することができます。     🔴施工会社の担当者の人柄や能力を観察する 大規模修繕は、長期間にわたるものになるため、施工会社の担当者との関係は重要になります。 担当者の人柄や能力を観察することで、工事がスムーズに進行するかどうかをある程度見極めることができます。 : 【例】 担当者の人柄を観察 ⇨ その人がどのような対応をするのか、どのような考え方を持っているのかを理解することができる  ・親切か、質問に対して丁寧に答えてくれるかどうか、話を最後まで聴いてくれるか など 担当者の能力を観察 ⇨ 具体的な解決策を提案できるかどうか、問題が発生した際に迅速かつ適切に対応できるかどうかを理解することができる  ・その場で答えられなくても曖昧な回答をするのではなく、後日調べて回答してくれる、報連相をしっかり行う など     🔴施工後の保証・アフターサービスを確認する 大規模修繕は、10年に一度の大きな買い物になるため、その期間中の保証やアフターサービスの内容をは しっかり確認することが重要になります。 工事保証とは、施工会社が工事に対して一定期間保証を行うものです。 保証期間中に工事に関連する問題が発生した場合、施工会社が無償で修理やメンテナンスを行ってくれます。 アフターサービスは、工事後のメンテナンスやフォローを指します。 定期的なメンテナンスや点検を行ってくれるサービスや、工事後に発生する可能性のあるトラブルに迅速に対応してくれるサービスなどがあります。 保証期間や保証の範囲、アフターサービスの有無は施工会社によって異なるため、事前に確認しておきましょう。     🔴公平かつ透明な施工業者選定を心がける マンションの大規模修繕を進める際には、区分所有者や理事などと施工業者との関係が問題になることがあります。 特定の区分所有者や理事と施工業者が密接な関係にある場合、その関係が不利益をもたらす可能性があります。 密接な関係が存在すると、施工業者の選定プロセスが公平で透明でなくなる可能性があり、 また、工事の品質やコストに関しても、不適切な影響を受ける可能性があります。 そのため、施工業者の選定時には、区分所有者や理事などとの関係を明確にし、公平な選定が行えるよう心掛けることが重要です。     🔴地元に密着して営業活動している 地元に根ざした業者は、その地域の特性やニーズを深く理解しているため、より適切なサービスを提供できる傾向にあります。 地元の施工業者は、地域社会とのつながりが深く、地域に貢献する活動を行っていることが多いため、 地域社会と良好な関係を築き上げることができ、信頼を得やすくなります。 また、地域の気候や地形、建築環境に精通しているため、それに適した施工計画を立てることが可能なため、 より高品質なサービスを提供することができます。     🔴施工会社に国家資格など資格保有者が多数在籍している 資格保有者が多い施工会社は、最新の技術やトレンドにも常にアップデートしている可能性が高く、効率的かつ最先端の施工が期待できます。 また、資格を持った人材が多く在籍している施工会社は、安全管理にも力を入れていることが多いため、 工事中の事故やトラブルを未然に防ぐことができます。         三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年4月30日 更新
業者選び費用大規模修繕の豆知識

マンション外壁塗装工事中の騒音とトラブルが生じやすい工程・期間、対策について

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超! 期待を超える仕事でNo.1の実績💛 三国リニューアルでございます!🎶 ブログを読んで頂きありがとうございます😻     マンションの大規模修繕工事は、居住環境の維持・向上に欠かせない重要な取り組みの1つです。 特に外壁塗装工事は、外観だけではなく建物そのものを長期間保護するために不可欠になります。 ですが、その作業中に必ず発生してしまうのが“音”です。 作業をする上で音は、最小限にはできるものの、どうしてもでてしまうため、この問題にどう対処すれば良いのか、 対策が分からないと感じる方も多いかと思われます。 今回のブログでは【マンション外壁塗装工事中の騒音とトラブルが生じやすい工程・期間、対策について】をご紹介していきます📝       【目次】 1.マンション外壁工事「うるさい」とトラブルが生じやすい工程とその期間は? 〇足場の設置や撤去 〇高圧洗浄 〇外壁改修 〇職人の出入り・話し声 2.うるさい外壁工事で知っておきたい対策・対処法・考え方 〇想定できるトラブルについて施工業者に相談する 〇工事内容について事前に周知しておく 〇居住者に許可を得た時間を守って工事する 〇居住者のライフスタイルを理解する         1.マンション外壁工事「うるさい」とトラブルが生じやすい工程とその期間は? 〇足場の設置や撤去 外壁塗装工事において、足場の設置は欠かすことのできない重要な工程となります。 足場は、外壁塗装工事において、作業員が高所でも安全に高い品質で作業するために設置されます。 足場の設置に要する期間は1〜2日間程度で、足場の鉄骨を車両から積み下ろす際、足場を組み立てる過程で、 鉄骨同士がぶつかり合う音が発生します。   〇高圧洗浄 高圧洗浄とは、高圧洗浄機を活用して外壁に付着した汚れや古い塗膜などを強力に落とす作業で、 塗装の質を良くするために、重要な工程の1つになります。 高圧洗浄は通常1日間程度行われ、高圧洗浄機の作業音、高い水圧が外壁に当たる音が発生します。   〇外壁改修 外壁がタイルの場合、劣化すると、剥離やひび割れ、浮きが生じることがあるため、補修が必要になります。 この工程では、古いタイルを撤去し、新しいタイルに張り替える作業が行われます。 外壁タイルの張り替え作業においては、1週間程度を要し、電動カッターをの作業音と振動が発生します。   〇職人の出入り・話し声 外壁塗装工事の際には、作業員が常に出入りしており、足場で作業するため、移動する際の足音が発生します。 また、作業員同士の打ち合わせやコミュニケーションのため、話し声が生じてきます。 工事自体については、マンションの規模によって期間は異なりますが、1か月から数か月程度続きます。     2.うるさい外壁工事で知っておきたい対策・対処法・考え方 〇想定できるトラブルについて施工業者に相談する マンションの外壁塗装工事を計画的に進めるためにも、想定されるトラブルに対して事前に備える必要があります。 工事中の騒音や振動に関して告知をしていないと、居住者や近隣住民からのクレームにつながる可能性があります。 騒音対策としての時間帯の制限や、騒音を抑制する機材の使用、振動の影響を最小限にする方法を施工業者と共に検討しましょう。   〇工事内容について事前に周知しておく マンション外壁塗装工事を進める際、工事内容の事前告知は非常に重要になります👇 ・工事の日程:開始日、終了日、休業日など、工事のスケジュールの明示 ・工事の内容:何の工事が行われるのか、具体的な工程と目的をわかりやすく説明する ・工事に伴う制約:騒音や振動など、工事によって生じるであろう制約を具体的に示す ・安全対策:工事現場周辺の安全対策や、住民への注意喚起などの情報共有 居住者に対する周知の方法は次の通りです👇 ・書面による通知:居住者に対して直接、書面での通知を行うことで、正確な情報の提供が可能になる ・掲示板の活用:マンション内の掲示板に工事内容を掲示し、常に確認できるようにしておくようにする ・説明会の開催:居住者と直接対話できる説明会を開催することで、疑問や不安を解消することができる 外壁塗装工事の際には、居住者とのコミュニケーションの姿勢を持ち続けておくことが重要です👇 ・居住者の声の収集:居住者からの意見や要望を収集し、それを工事計画に反映させることで、住民との信頼を築くことができる ・定期的な更新:工事の進捗状況を定期的に居住者に報告し、透明性を保つ努力が必要   〇居住者に許可を得た時間を守って工事する マンションの外壁塗装工事においては、居住者の日常生活に影響が出る部分が多いため、 居住者に許可を得た時間を厳守して工事を行うことが不可欠になります👇 ・日中の工事時間:できる限り多くの住民が外出している時間帯を中心に設定する ・夜間の制限:夜間は騒音に対する配慮が必要であるため、工事を控える時間帯を設定する ・休日の取り扱い:週末や祝日など、住民が在宅する可能性のある日についても特別な配慮が求められる   〇居住者のライフスタイルを理解する マンションには、高齢者、小さな子供がいる世帯、夜勤で働く人々など、多岐にわたるライフスタイルが存在しているため、 外壁塗装工事中は、居住者のライフスタイルを尊重する必要があります。 このような多様なライフスタイルに応じた対応が求められることになります。 : 【例】 ・高齢者 ⇨ 突然の騒音が健康を害する ・小さな子供がいる世帯 ⇨ 昼寝の時間帯に工事の騒音が避けられるように配慮する :     三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、 少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨ どうぞお気軽にご相談下さい😻       今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍 お問合せフォームはこちら 久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1 小郡オフィス:小郡市横隈1694-1 ☎フリーダイヤル:0120-010-392 WEBからのお問い合わせはこちら 2024年4月20日 更新
トラブル関係大規模修繕の豆知識

福岡市地域密着1,000件の豊富な施工実績

福岡市の皆様、こんにちは。株式会社三国建装の代表の白木です。
三国リニューアルのWEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。
地域の皆様がお住いに関するお悩みを何でもお気軽にご相談いただける店舗を目指して会社経営を進めております。
弊社創業当初からのモットーである「1軒1軒、一塗り一塗りに想いを込めて」の精神で、初心を忘れることなく今後ともより一層の精進に励んでいきます。
一人でも多くのお客様に大規模修繕工事を通して感動と満足をお届けできますよう誠心誠意のお付き合いをさせていただければ幸いでございます。
どんな些細なご相談も大歓迎です!是非お近くへいらした際は、お気軽にお立ち寄りください!

三国リニューアル(株式会社三国建装)
代表取締役 白木 洋行
定期開催中 オーナー・管理会社様のための大規模修繕セミナー お申し込みはこちらから