現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

マンションの外壁塗装のタイミング

大規模修繕の豆知識 2024.01.20 (Sat) 更新

福岡市エリアで大規模修繕の実績1,000件超!

期待を超える仕事でNo.1の実績💛

三国リニューアルでございます!🎶

ブログを読んで頂きありがとうございます😻

 

 

マンションの運営にはさまざまなメンテナンスが必要で、特に外壁塗装は避けては通れないポイントになってきます💡

外壁塗装は、そのタイミングや方法、使用する塗料によって、マンションの価値や耐久性、さらにはテナントからの評価にも

大きく影響してくるので、とても大切なメンテナンスです👍

福岡市 外壁塗装 マンション アパート

福岡市 外壁塗装 マンション アパート“マンションの外壁塗装って何年ごとにすればいいと?”

“長い間放置してしまったけど大丈夫やか?”

と、多くのオーナーや大家さんが抱えていることだと思われます💦

今回のブログでは、マンションへの外壁塗装の具体的な周期や塗料の選び方、放置した場合のリスクについて、

福岡市のアパート・マンション大規模修繕専門店が詳しくお伝えしていきます👍

 

 

 

【目次】

1.マンションの外壁塗装は何年がいい?

 〇外壁塗装の周期は10~15年が一般的

 〇塗料のグレードによっても違いがある

 〇劣化や損傷の程度でも違いがある

2.アパートの外壁塗装20年してないとどうなる?

 〇すでに寿命を迎えている可能性がある

 〇塗膜だけではなく外壁材の損傷もある

 〇雨漏りや建物の耐久性にまで影響がある

3.まとめ

 

 

 

 

1.マンションの外壁塗装は何年がいい?

福岡市 外壁塗装 マンション アパート

新築から数年が経過したマンションでは、外壁の劣化が進んでいる可能性が高く、その対策として

外壁塗装がどうしても必要不可欠になってきます。

しかし、“マンションの外壁塗装は何年ごとに行うべきなのか?”と疑問に感じる方が多いのが現状です。

ただ、塗装の必要性やタイミングは、使用する塗料の種類や品質、塗膜の劣化症状、外壁の状態など

さまざまな要因に影響されていきます。 

 

〇外壁塗装の周期は10~15年が一般的

マンションの外壁塗装において、一般的に推奨される塗り替え周期は 10〜15年 と言われています。

この期間は、多くの塗料メーカーが推奨するものであり、このタイミングで塗り替えを行うことで、外壁の劣化を防ぎ、

建物の価値を維持することが可能になってきます。

塗料には耐用年数があり、一般的には10〜15年程度の耐用年数を持つ塗料が多く使用されています。

この耐用年数は、塗料が劣化する前に塗り替えるべきタイミングを示しており、10年以上経過すると、

塗料が劣化し始め、外壁の防水性や耐候性が低下し、建物自体がダメージを受ける可能性が高くなります。

ただし、高品質な塗料を選ぶことで、15年以上の耐用年数を確保することも可能です。

10年が経過したら、外壁の状態を外壁塗装の業者によって点検してもらうことが推奨されています。

小さな劣化や損傷が見つかった場合、早めに修繕を行うことで、大きなトラブルや多額な出費を防ぐことができます。

 

〇塗料のグレードによっても違いがある

アパートの外壁塗装に使用する塗料のグレードによって、耐用年数が大きく変わります。

一般的な塗料のグレードとその耐用年数は以下の通りです。

 ・シリコン塗料:10〜15年

 ・フッ素塗料:15〜20年

 ・無機塗料:15~25年

塗料のグレードが高くなるに連れて、耐久性もアップしますが、費用も高くなる傾向にあります。

初期費用が高くても、その後のメンテナンス費用が少なければ、長期的には経済的にはなります。

逆に、初期費用が低くても頻繁にメンテナンスが必要な場合、長期的なコストは高くなります。

そのため、一時的な費用負担と長期的なコストパフォーマンスを考慮して、塗料を選択することが重要です。

 

〇劣化や損傷の程度でも違いがある

外壁塗装の必要性は、単に塗料の耐用年数や一般的な塗り替え周期だけで決まるわけではありません。

外壁に劣化や損傷の症状が見られる場合、早急な外壁塗装が必要になることがあります。

塗膜が劣化すると、初めは色褪せや汚れが目立ち、チョーキング現象、ひび割れ、膨れ、浮きなどといった症状が進行します。

劣化や損傷が進むと、塗料が持っている防水性や耐候性などの機能が失われ、雨漏りや内部腐食の原因となる可能性が高くなります。

そのため、定期的な外壁の点検を行い、症状に応じて適切な対応を取ることが重要です。

 

 

2.アパートの外壁塗装20年してないとどうなる?

福岡市 外壁塗装 マンション アパート

外壁塗装は10〜15年が目安ですが、それを大幅に超える20年という期間が経過している場合、単に外観が古びているだけでなく、

さまざまなリスクが高まっている可能性があります。

ここでは、マンションの外壁塗装を20年以上行っていない場合に起こり得る問題点やリスクについて、詳しく解説します。

 

〇すでに寿命を迎えている可能性がある

20年以上も外壁塗装を行っていないマンションの場合、多くのリスクが考えられますが、その中でも特に重要なのが、

塗料自体がすでに寿命を迎えている可能性です。

外壁塗装の一般的な耐用年数は約10〜15年で、この期間を大幅に超えている場合、塗料の劣化はほぼ確実と言えます。

使用された塗料によっては、耐用年数が10年未満のものも存在し、もし使用されていた場合、

目に見えないところで、劣化がかなり進行している可能性があります。

塗料が寿命を迎えると、その保護機能が低下し、外壁材自体の劣化や、さらに深刻な問題が引き起こされる可能性があります。

このような状況を放置すると、修繕費用はさらに高額になる可能性がありますので、早急な対応が求められます。

 

〇塗膜だけではなく外壁の下地材の損傷もある

外壁塗装が20年以上も更新されていない場合、単に塗膜の劣化だけでなく、外壁の下地材そのものにも

重大な影響が出てくる可能性があります。

塗膜の劣化が進むと、外壁の下地材自体も風雨や紫外線などの影響を受けやすくなり、損傷が進行し、雨漏りや内部腐食の原因となります。

初期段階では色褪せや汚れが見られ、次第にチョーキング現象やひび割れ、浮き、膨れなどが発生します。

これにより、塗膜が果たす防水性や耐候性などの機能が低下し、外壁の下地材は紫外線や風雨に直接晒されるようになります。

これが原因で、外壁の下地材にもひび割れや欠けなどの損傷が生じる可能性が高まります。

外壁の下地材が損傷すると、その隙間から雨水が侵入する可能性があり、雨漏りや内部の腐食が発生し、

さらに修繕費用が増加してしまいます。

 

〇雨漏りや建物の耐久性にまで影響がある

外壁塗装が長期間行われていない場合、その影響は単なる外壁の劣化にとどまらず、建物全体の耐久性や耐震性にまで

影響を及ぼす可能性があります。

外壁が風雨や紫外線の影響で劣化すると、ひび割れや欠けが生じ、そこから雨水が侵入し、雨漏りが発生します。

外壁内部には防水シートが施されているケースが多いですが、そのような場合、内部で水分が滞留してしまい、

少しずつ腐食してしまうのです。

内部腐食が進むと、シロアリが発生し、シロアリが繁殖すると、建物の耐久性や耐震性にまで影響が出る可能性があるのです。

 

 

3.まとめ

マンションの外壁塗装は、現在の世の中ではあまり重要視されていませんが、実は重要なメンテナンス作業の1つになります👍

特に、10〜15年を目安に行われるべきこの作業が20年以上も行われていない場合、その影響は単なる外壁の劣化にとどまらず、

建物全体に多大なリスクをもたらす可能性があり、住民の方々の暮らしにも影響が出てきてしまいます😓

外壁塗装は単なる美観性の維持のためのものではなく、建物を長持ちさせ、

将来的な修繕費用を抑えるためにも大事な作業です👷

マンションの外壁塗装を検討している場合であれば、地域密着している大規模修繕専門店に相談しながら

決めていくようにしましょう💛

疑問や質問などございましたら、【三国リニューアル】までお気軽にお問合せしてください📞

 

三国リニューアルは、自社職人採用・職人教育にも力を入れて、

少しでも質の高い修繕工事を提供したいと考えています💪✨

どうぞお気軽にご相談下さい😻

 

 

 

今日もブログを読んでいただきありがとうございます👍

お問合せフォームはこちら

久留米ショールーム:久留米市諏訪野町2355-1

小郡オフィス:小郡市横隈1694-1

☎フリーダイヤル:0120-010-392

WEBからのお問い合わせはこちら